第6回気道管理学会学術集会のお知らせ

このたび、第6回気道管理学会学術集会大会長を担当させていただきます獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科の齋藤朋之です。大変光栄なことと存じ、ご関係の皆様方に心より感謝申し上げます。

 

大会は、2023年7月1日(土曜日)にソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区)を会場として開催させていただくことになりました。テーマは、「チームで挑む呼吸危機管理-カテーテルアブレーションの鎮静・麻酔・呼吸管理について考える-」といたしました。

 

メインプログラムとして、カテーテルアブレーション中の鎮静と呼吸管理の現状や問題点を様々な立場からご講演いただき、適切な気道管理や鎮静方法、麻酔方法を決定するためのワークショップを約3-4時間枠で企画しております。また、国内外から各分野のエキスパートの講師の先生にご登壇いただき、特別講演、教育講演、シンポジウム、MDICセミナーを開催いたします。670m2の地下展示場を使い、気道管理ハンズオントレーニングセミナー、企業展示、ポスターセッションも開催する予定です。

 

当学術集会では、ハンズオンセミナーや対面でのホットな議論を重要視しておりますので、できる限りの現地対面開催を目指しつつ、状況次第で一部ハイブリッド開催に変更できる準備を進めております。HPのみならず、大会専用Twitterや学会Instagramでも随時情報を発信していきますので、是非フォローをお願いいたします。
多くの会員の皆様のご参加と一般演題のお申し込みを心よりお待ちしています。

 

第6回気道管理学会学術集会大会長
齋藤 朋之
獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科

 

 

第6回気道管理学会学術集会 特設サイト

[お知らせ一覧へ戻る]